働くママが自信を持つ為の生き方

運営者よっしー(ママ歴5年)が働きながら自信を持って笑顔で生きていく為の考え方や、経済的に自立する為に奮闘している姿を発信してます!

主婦がフルタイムで働くのはしんどい!しんどいに対処する方法

【当ブログにはプロモーションが含まれています】
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ

フルタイム主婦のしんどいに対処する方法


パート主婦からフルタイム主婦に転職して半年が経過しました。

 

私がフルタイムに転職した理由は”家計”の為ですが、家庭と仕事の両立は思っていた以上にしんどくて、最初の頃は体調不良になる事もよくありました。

 

  • 慣れない職場環境
  • 生活習慣の変化

 

身体と心にかかるストレスは大きいですが、フルタイムで働きたい理由があるのなら頑張るしかないですよね。

 

私の経験が、これからフルタイムで働こうと思っているあなたや現在フルタイムで働いているあなたの参考や励みになればなと思い、以下の事についてお話をしていきたいと思います。

 

  1. フルタイムで働く上でのマインドセット(考え方)
  2. フルタイムに変わってしんどい事
  3. フルタイム勤務に慣れるまでの期間
  4. しんどさを減らす工夫

 

 

 

トレードオフの法則

 

トレードオフの法則とは、【何かを得たら、何かを失う】あるいは【選択をしない事で起こる損失】の事です。

 

あなたも私もフルタイムで働くのであれば、それによって得られるもの、失うものがあるという事は理解して、両立が難しい事もあるという現実を受け入れていく必要があります。

 

 

フルタイムで働けばお金、キャリア、夫の収入に依存しない関係は得られるかもしれませんが、自分の時間は減り、子供と過ごす時間も減り、家事も手を抜いたり、人の力を借りる必要性がでてきます。

 

時間に追われて余裕を持てず、体力も使いますが、稼いだお金で豊かに暮らしていく事ができるし、欲しいものを手にする事もできる。

 

 

パート主婦のままでいたら、夫の収入に依存する状態が続くし、2馬力であれば得られたお金を得る事もできなくなります。

 

フルタイムで働くのであればそれによって失うもの、諦めなけばいけないものもある。

 

トレードオフの法則という考え方を自分の中に取り入れる事で、あなたが大切にしたい事や求めているものが何なのかわかるし、納得して諦める事ができます。

 

フルタイムに変わってしんどい事5つ

 

フルタイムに変わってしんどいな~と思う事をピックアップしていきます!

 

朝が早い

子供がいなければもう少しゆっくりできるんですけど、保育園に預けてる子供がいるので、支度の時間や送りの時間に30分はかかるんですよ。

 

自分の支度やお弁当作りなんかもあるし、時間に余裕を持って行動したいので、朝は5時30分に起きてます。

 

自分の時間が減る

仕事がある日の自分の時間は多くて2時間ぐらいあればいい所。

 

1時間は仕事の休憩時間や子供送った後に職場の駐車場でゆっくりする時間、残りの1時間は仕事終わりに家で過ごす時間。

 

行きたい時に病院に行けない

 

体調不良や体の痛みで病院に行きたいけど、仕事がある日に行こうと思ったら、遅刻するか早退するか、あるいは延長保育をお願いして病院に行くかをするしかなく、どれもできればしたくない事ばかりなんです。

 

遅刻、早退は給与や評価に関わるし、延長保育は子供に泣かれるので辛い…。

 

となると、休みの日に行くしかないけど平日休みの1日を使って行くしかなくて、貴重な休みを病院で使うしかないんですよね。

 

パート勤務の時は仕事終わりにいつでも行ける余裕があったので、行きたいタイミングで病院行けないのは辛いなと思います。

 

仕事終わりの自炊とお弁当作り

 

外食や惣菜、宅配食材に頼っていると食費が高くなるので節約の為に自炊をしているんですが、仕事終わりの自炊はしんどいし、作り置きにも時間はかかるので、休みの日の自分の時間が減るのはしんどいです。

 

それでも、自炊をしないと我が家はやっていけないので、やるしかないわけです。

 

病気の子供の傍に居れない

パートの時は子供が病気なら休んでも良い雰囲気がありましたが、フルタイムになると病児に預けて働くことを求められます。

 

病気の子供の傍に居れないこと、他人に預けないといけない心苦しさはしんどいです。

 

フルタイム勤務に慣れるまでの期間

 

フルタイム勤務に慣れたのは3~4か月経った頃です。

 

慣れるまでがしんどいですが、慣れてからもしんどいです。

 

慣れる前のしんどさは環境の変化に対応する為のしんどさでしたが、慣れた後のしんどさは家庭と仕事を両立していく為のしんどさで、ストレスで疲弊し体力が消耗していく。

 

そのしんどさを自分の工夫でいかに減らすか、いかに自分を癒していくかが大切です。

 

しんどいを減らす為の工夫4つ

 

子供の病気など減らせないしんどさもありますが、減らせるしんどさもあるので、お話していきたいと思います。

 

睡眠をしっかりとる

私の場合、毎日最低でも7時間は睡眠をとらないと睡眠不足になって体がしんどくなり、そのしんどさが心にも影響してきます。

 

短い睡眠を立て続けにとっていると、3日ぐらい経った頃には仕事終わりに何もやる気がおきず、そのまま寝る事が多いです。

 

そういう時は自炊もできないし、自分の時間も確保できなくなるので、お金と時間がもったいなく感じるんですね。

 

 

なので、自分に必要な睡眠時間はしっかり取った方が良いし、生理前などホルモンバランスの変化で起こる眠気に関しては、仕方ないと諦めて寝る事も大切です。

 

 

人の力を借りる

私の場合はやってほしいなと思った時に夫に家事をお願いしています。

 

夫に頼れないのであれば、家事代行のサービスを使うのもありだと思っているし、我が家は賃貸ですが食洗器を導入していますし、いつかは乾燥機付きの洗濯機も導入したいと思っています。

 

何でもかんでも自力でやろうとするのはしんどいので、どこか頼れる所は人や物に頼りましょう。

 

自炊は作り置きか仕込みをする

 

お金に余裕があって、家族も納得しているのであれば宅配食材などを使うのもアリだと思いますが

我が家はどちらも当てはまらないので、作り置きと食材の仕込みで仕事がある日の夕飯やお弁当作りを乗り切っています。

 

自分の時間が減るデメリットはありますが、フルタイムになってから作り置きや事前に食材の仕込みをする事が仕事終わりの自炊、弁当作りをどれだけ楽にしてくれるか…そのメリットを大きく感じています。

 

いつかはこの地獄から解放される

 

地獄って大げさかもしれないですが、私はフルタイム主婦になってから、今の生活はまじで地獄だなと感じています。

 

会社のルールに従わないといけない、人間関係も選べない、貰えるお金の天井もある程度見えている、子供の事でお休みとなれば気を遣い、子供の傍に居れない辛さ、病院に行きたい時に行けないので痛み止めを飲みながら頑張らないといけない。

 

休日出勤はあるし、自分のペースで働けない事が本当に辛い。

 

 

でも、今は会社に勤めてフルタイムで働くことが自分にとってはベストな選択なので我慢するしかないし、働く前から覚悟していた事とはいえ、実際に働いてみると心が今の現実に悲鳴をあげている。

 

 

このまま会社勤めという選択肢か持たないまま生きていれば、社会不適合者としてどこま雇ってくれる所はなくなる。(私は転職履歴10社以上あります)

 

 

起業しようと思い今頑張っているので、いつかはこの地獄か抜け出すんだと、ずっとは続かないんだと…その思いがしんどい自分を支えてくれています。

 

今が辛くても未来にワクワクできたら前向きになれるので、しんどさも軽減されます。

 

まとめ

 

パート主婦からフルタイム主婦になる事で得るものもあれば、失うものや諦めなければいけない事も多く、【トレードオフの法則】なんだと現実を受け入れていくことが大切です。

 

フルタイムになってしんどい事

  1. 朝が早い
  2. 自分の時間が減る
  3. 行きたい時に病院に行けない
  4. 仕事終わりの自炊とお弁当作り
  5. 病気の子供の傍に居れない

 

しんどさを減らす為の工夫

  1. 自分に必要な睡眠をとる
  2. 人や物の力を借りる
  3. 自炊は作り置きや食材の仕込みで先取り家事
  4. 未来にワクワクする

 

 

しんどさというのは主観的なものなので、私のしんどいがあなたに当てはまるとは限らないし、私の楽があなたに当てはまるとも限りません。

 

何がしんどくて、どうすれば楽になるのか自分で考える事で、しんどい環境にも少しづつ適応していく事ができると思うので、大切なのは簡単に諦めない事です。

 

 

実現したい事があるからこそ、自らしんどい道に飛び込んだし、それは恐らくあなたも同じはず。

 

一緒に頑張りましょうね。