働くママが自信を持つ為の生き方

運営者よっしー(ママ歴5年)が働きながら自信を持って笑顔で生きていく為の考え方や、経済的に自立する為に奮闘している姿を発信してます!

賃貸で食洗機ラクアを使用した感想【2022年購入】

【当ブログにはプロモーションが含まれています】
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ

食洗機ラクアを使った感想



2年前から賃貸でも工事なしで使用できるTHANKOの食洗機ラクアを使用しています。

 

時短の味方である食洗機を導入する事で、生活の質を上げてやろうと思い購入しました。

 

 

2年間使用した感想は、簡単に言えば『買ってよかった』です。

 

 

 

結論:手間はかかるがあると助かる!

 

工事なしですぐ使えるし、大きすぎる食器でなければ3人前程度の量であれば洗えるし、温風乾燥までやってくれるので、便利であると助かる。

 

でも、置く場所に悩むし、給水は手動、排水は置く場所によっては手動になるなど、手間がかかる所はあります。

 

 

しかし、洗い物を手伝ってくれるパートナーと思えば助かる存在だなと私は思っていますし、現在2年ほど使用していますが、もし壊れてもまた購入したい商品です。

 

デメリット

 

私が思うデメリットを4つお話します。

 

シンク周りに置けない可能性がある

 

漏電防止でアースを取り付けて使用しているのですが、アースの場所によってはキッチンのシンク周りに置けない事があります。

 

また、以外と大きいので結構場所を取ります。

 

以前の住まいではアースの場所はシンクの近くにあったけど、その周りに置く事ができませんでした。

 

我が家は別で棚を買い、そこに食洗機を置いて使用しています。

 

食洗機ラクアを置く棚



 

 

手間がかかる給水を楽にする道具

 

工事なしで使用できる食洗機は給水を手動でする必要があるので、そこに手間がかかります。(ちなみに分岐水栓にも対応はしています)

 

私はこの作業を楽にする為にジャグを購入しました。

 

食洗機ラクアのジャグ

 

 

公式ではラクア用のジャグが安価で販売されていますが、色がダサいのと楽天での評価が低いこと事から、1000円以上する折り畳みの5.5Lジャグを購入しています。

 

 

 

手動排水はバケツで対応

 

それに加えて、キッチンの周りに食洗機が置けないとシンクに排水ができないので、排水する場所を確保して、更に手動で水を捨てる必要があります。

 

我が家はバケツを用意して、洗濯バサミで固定して排水してます。

 

食洗機ラクアの排水



 

水を捨て忘れたまま次の食洗機を回して慌てたり、ホースから出た水の勢いでホースが外に飛び出したり、何回か水がバケツの外に出て大変でしたが、今は良い位置を見つけて洗濯バサミで固定しています。

 

水も気づいたらすぐ捨てるようにしています。

 

予洗い、洗う音、食器の種類

 

食器を食洗機に洗う前は予洗いが必要ですし、洗う音がきになるかどうかは人によります、食器も食洗機不可のものは入れないようにしないといけない。

 

メリット

 

私が思うメリットを3つお話します。

 

洗い物の量が減るので楽で助かる

 

こまごまとした洗い物であればわりと多く洗えますし、全ての食器を洗う事はできませんが、洗い物の量が減るのは助かるな~と思って使ってます。

 

ほぼ毎日使うお弁当箱とか、箸や箸入れ、水筒の飲み口や蓋など、洗うのが面倒だなーと思っていても食洗機に入れていれば、自動で洗って乾燥までしてくれるので良いですね。

 

温風乾燥が機能している

 

私が最初に購入した食洗機はビックリするくらい乾燥機能が機能しておらず、途中から乾燥は諦めて洗う為だけに使用していました。

 

賃貸向けの食洗機なんてこんなものかなと思っていたので、ラクアにも期待はしていなかったのですが、ラクアの乾燥機能は機能しているのでご安心下さい(笑)

 

 

完璧ではないので布巾で拭く必要はありますが、それでも十分乾燥はされているので、満足しています。

 

壊れにくい

 

2年ぐらい使用していますが、問題なく使えているので、丈夫なのかなと思っています。

 

以前使用していた食洗機は、ラクアよりも高額だったわりには1年で故障して、保証期間外だったので、送料も込みで高額な修理費が見積りで出ました。

 

 

なので、最終的にはジャンク品としてメルカリで500円で売りましたが、無事買い手は見つかりました。

 

5種類の洗浄モードと温風乾燥

 

  1. 通常洗浄(洗浄・すすぎ60分:乾燥60分)
  2. スピード(洗浄・すすぎ29分:乾燥60分)
  3. エコ(洗浄・すすぎ59分:乾燥60分)
  4. 強力洗浄(洗浄・すすぎ89分:乾燥60分)
  5. 水洗い(洗浄のみ19分)

 

使用用途や汚れ具合によって、5種類の洗浄モードが選べますが、私は通常洗浄とスピードの2種類をよく使っています。

 

汚れがちょっと軽いなって時はスピードで洗ってます。

 

 

他には乾燥のみの機能もあるので、食器乾燥機としても使えます。

 

洗剤は粉がオススメ

 

個人的には洗剤は粉タイプがオススメ。

 

コスパが良いし、目視でわかりやすいからです。

 

洗剤を入れてすぐ洗う場合は液体でもいいですが、『あの食器も食べ終わったら洗いたいな』と思って、洗剤とか水を入れて準備だけしときたいような時は液体だと、『あれ?入れたかな?』とわからなくなるんです。

 

 

液体の方が扱いやすいし楽ですが、私は上記の理由から粉をしようしています。

 

終わりの言葉

 

食器を洗うという毎日の家事は積み重なると中々しんどい、なので食洗機を導入しましたが、買って良かったなと思っています。

 

すぐに使えるメリットはあるけど、手間もかかるのが賃貸向けの食洗機。

 

 

ですが、今では手間を手間と思わなくなり、良い相棒だと思っています。