働くママが自信を持つ為の生き方

運営者よっしー(ママ歴5年)が働きながら自信を持って笑顔で生きていく為の考え方や、経済的に自立する為に奮闘している姿を発信してます!

【量より質】フォロワーが少ない事は問題ではない

【当ブログにはプロモーションが含まれています】
にほんブログ村 小遣いブログ 主婦起業・ママ起業へ

フォロワーが量より質である理由

ブログの登録者数やSNSポッドキャストのフォロワー数が少なくても気にする必要はありません。

 

あなたが承認欲求の為にそれらの媒体を利用して情報発信をしているのであれば、気になるでしょうが、ビジネス目的でやっているのであれば気にする必要はないという事を伝えたいです。

 

 

何故なら、大切なのはフォロワーの量ではなく質がビジネスにおいては大切だからです。

 

 

質の高いフォロワーはあなたのファンになる

 

1000人以上、1万人以上フォロワーや登録者数がいてもいいねの数が少ない、再生数も少ない、インプレッション数が多いわりには反応が少ない…そんなアカウントを持っている人達がネットにはたくさんいますよね。

 

フォローしている多数の人がその人に興味がないか、あるいはフォローバック目的、ライバル調査目的のフォロワーである可能性が高く、質の高いフォロワーとは言えない状態です。

 

 

逆に10人しかフォロワーや登録者数が居なくても、その人達が自分の投稿を必ず見てくれていて、何か商品を作ったら『是非あなたから買いたい』と言ってくれて、自分の作った商品を買ってくれる。

 

そういう人達は『ファン』と言ってもいい存在ですよね。

 

 

YouTubeで登録者数3000人程度で、何千万というお金を稼いだ人がいるのですが、その人はYouTubeの再生数でお金を稼いだのではなく、自分の商品を販売する事でお金を稼ぎました。

 

YouTubeを情報発信の媒体として利用し、そこに集まってきた人達との信頼構築に成功したから得られた成果なんですね。

 

 

その方もよく言っておられるのが、フォロワー数はビジネスにおいて重要ではないという事です。

 

大事なのはフォロワーの質で、質の高いフォロワーとはあなたのファンになりうる可能性のある人達の事です。

 

そういう方たちに信頼してもらえるように、情報発信をする側である私たちは行動していく必要があります。

 

認知して興味をもってもらえる凄さを知ろう

 

フォロワーは量ではなく質というのは理解していただけたでしょうか。

 

あなたが毎日のように情報発信をしていれば、あなたの発信を毎日見に来てくれる人も現れてくるのではないかなと思います。

 

 

たった1人、2人でもあなたに継続的に興味を持ってくれる人がいるのは実はすごいことなんですよ。

 

見ず知らずの赤の他人の話をあなたはわざわざ聞きたいと思うでしょうか?

 

 

大多数の人は聞きたいと思わないと思うし、ネットの世界では自分を見つけてもらう事すら難しいです。

 

たまたま誰かのサイトに訪れても、興味が持てなくて他のサイトに行くという経験は誰でもあると思いますが、自分のサイトに誰かが訪れたとしても、それだけでは認知してもらう事はできません。

 

興味を持ってもらって初めて認知してもらえて、ここでフォローしてもらえることもありますが、興味が続くかどうかは別の話です。

 

見る側や聞き手はあなたに何かしらの価値を感じるから、何度もサイトを訪れてあなたの発信を見るという状態が作られ、そこから信頼構築をする事ができ、この人が好き=ファンが生まれるような状態になります。

 

継続的に自分の発信を見てもらう事がいかにすごい事か伝わったでしょうか?

 

たった1人のフォロワーを大切にしよう

 

たった1人でも質の高いフォロワーに出会えたのであれば、ぜひ大切にしてください。

 

1人しか聞いてないしと適当にやるのではなく、1人でも聞いてくれている人がいる、自分の発信を楽しみにしてくれている人がいるのであれば、その人をがっかりさせないように行動してください。

 

 

目の前の1人を大切にする、その行動の積み重ねが継続する為の動機になり、考えながら継続する事であなたのレベルも上がっていきます。

 

そして、あなたが正しい方向に進んでいれば時間はかかっても1人、また1人と質の高いフォロワーが増えていくはずです。

 

 

終わりの言葉

 

質の高いフォロワーに出会えても、その人が去っていく事もあると思います。

 

その時は落ち込むかもしれませんが、どんな成果や結果に対しても一喜一憂しない姿勢も大切です。

 

 

相手がなぜ自分から去っていったのか理由がわかれば勉強になりますが、ネットの世界なので理由がわからない事の方が多いと思います。

 

質の高いフォロワーだと思っていたけど、実はただのライバルだったというパターンも無きにしもあらずです。

 

なので成果や結果に一喜一憂しない姿勢を持ちつつ、目の前のたった1人、2人の質の高いフォロワーを大切にして行動していきましょう。